会社を知る
COMPANY

事業について

代表からのメッセージ

技術力やノウハウ、コストや納期といった競争力によって成長をつづけてきた日本電機研究所にとって、最大の武器は技術力を発揮する一人ひとりの社員です。
モノづくりは人づくりだと言われますが、当社もそれを実践している企業です。
職場環境をよくすることは、モチベーションといった気持ちの面だけでなく効率や仕事の質も向上させます。はじめて当社の工場を見た人はきれいで快適であることに驚かれるのですが、これも快適な職場づくりを進めた結果です。
職場の温度管理が重要ということであれば、環境性能の高い最新型のエアコンを導入すれば快適であるうえに消費電力も抑えられるため、結果として一石二鳥です。
導入コストはかかりますが、それで高い効果が得られるのであれば投資を惜しまないのが当社の考えです。こうした考えを実践してきた結果が、離職率の低さに表れています。社員の離職率が低いことに加えて、パートさんの離職率も低く、定年まで勤めてくださる人もいます。
ムダは徹底的に排除する一方で、必要なものにはしっかりと投資をする。お客様の生産現場を効率化する事業をしている会社なので、そこにはこだわりがあります。
社員が満足できない会社からお客様の満足は生まれないと考えています。
これからも社員やパートさんなど全員が「日本電機研究所に入社してよかった」と思えるような会社づくり、職場づくりを進めていきます。
その結果として社会を豊かにできるような仕事をすることが、日本電機研究所の思いです。

Nikkenで活躍できる人物像とは

就職する前に持っている知識や学歴などは、ほとんど重視していません。なぜなら、就職してから必要になる知識は就職してからでないと得られないからです。電気や機械に精通している必要はありませんし、学校で関連の勉強をしていたからといって、それだけで成功するとは限らないのが当社の業務です。
では、どんな人が成功するのでしょうか。一言で表現すると、「吸収できる人」となります。わからないことを素直に聞ける人、そして新しい知識や技術を自分のものにするために努力できる人が、当社の中で大きく成長しています。
当社では会社周辺の清掃ボランティアを行っていますが、入社したらまずこの活動に参加していただきます。本業とは関係のないことですが、それをおろそかにせずしっかりとできる人は、本業でもしっかりと結果を出しています。小さなことでも雑にしない、与えられた仕事を楽しめる資質もおおいに関係があると思います。
こうした資質を持っている人は、仕事を覚えていくにつれてどんどん自分で新しいことを吸収していきます。その中で社内外から信頼される人となり、大きな仕事を成し遂げていくのです。

Nikkenで働くということ

日本電機研究所は、縁あって一員となった人を大切にする会社です。チームプレイが大切な仕事なので、社員同士のコミュニケーションを活発にするために、さまざまな取り組みを行っています。
たとえば花見会・納涼会・もちつきなど季節のイベントを開催しているのは、人間は食事をしているときが一番話をしやすくなるからです。仕事上のコミュニケーションも大切ですが、こうした機会を通じて人としての関係をはぐくんでいくことも意義があると思います。
会社行事として大規模なパーティと国内や海外への社員旅行を定期的に開催しています。
こうした取り組みには、縁あってチームメイトになった人には長く働いてもらいたいという会社の思いがあります。本人にやる気があれば70歳になっても活躍してもらいたいと思いますし、それだけ長く働いてきた人の知見は必ず役に立つところがあるはずです。
会社のイベントにはご家族も招待しています。どんな会社で働いているのか、どんな仕事をしているのかを知っていただくいい機会になりますし、そんな親しみもあって社員の子供さんが当社に就職して「親子社員」となった事例もたくさんあります。このように親子で社員となってもらえるということは、当社の環境に満足してもらえているのかなとも感じます。
そんな家族のような会社で、一生の仕事や仲間と出会っていただくことが、日本電機研究所の願いです。